ホーム >> K・S・D独自のサービス >> 会計参与

銀行から評価される決算書を作りたい皆さまへ

会計参与

会計参与という制度をご存知でしょうか?

2006年に産声を上げた比較的新しい制度です。
中小企業の決算書の信用力向上を後押しする為に登場しました。

中小企業経営にとってメリットが多い制度です。
まだ知らないという方は、これを機会に会計参与の理解を深めてみてはいかがでしょうか?

銀行から評価される決算書を作りたい皆さまへ 会計参与
会計参与とは?

会計参与とは取締役と共同で決算書を作成する内部機関。
通常税理士が決算書を作成するときは、中立的な立場で作成します。

会計参与は取締役や監査役と並ぶ内部機関です。
その会社の社外CFOとなり、社長と共同で決算書を作成します。

商業登記もされるので逃げも隠れも出来ない非常に責任の重いポジションです。
その職責からリスク面を懸念し、就任を敬遠する会計人が多いのも事実。
責任が問われる立場だからこそ会計参与が作成した決算書は信用力が高いのです。

会計参与 税理士新聞2011年3月15日号
会計参与のメリット

会計参与とは取締役と共同で決算書を作成する内部機関。
通常税理士が決算書を作成するときは、中立的な立場で作成します。

会計参与は取締役や監査役と並ぶ内部機関です。
その会社の社外CFOとなり、社長と共同で決算書を作成します。

商業登記もされるので逃げも隠れも出来ない非常に責任の重いポジションです。
その職責からリスク面を懸念し、就任を敬遠する会計人が多いのも事実。
責任が問われる立場だからこそ会計参与が作成した決算書は信用力が高いのです。

会計参与 戦略経営者2011年3月号